風邪のウイルス対策の薬というのは原則存在しない真実の理由

風邪のウイルス対策の薬というのは原則存在しない真実の理由

質問

風邪はウイルスが感染することが原因で発症しますがウイルス対策の薬というのを見たことがありません。どこで手に入れることができるのでしょうか?

 

回答

あなたはなんだか体調が悪いという理由で病院に行って診察をうけたら医者に「風邪ですね」と言われてた経験が一度や二度あると思います。そもそも風邪というのは一体何なのかというと、風邪症候群のことを指しています。

 

鼻や喉や機関紙などに起きた急性の炎症のこと全般を風邪症候群と呼んでいるのであり、医学的に風邪という病気自体は存在しません。炎症を引き起こす場所によって症状が異なることから、症候群という大まかな名前がつけられているのです。風邪の大半がウイルスによる感染で引き起こされるのであり、ウイルスの種類は200種類以上存在するといわれています。

 

そして風邪のウイルス対策の薬というのは原則存在しないというのも事実であり、一旦風邪を引き起こしたら、解熱剤で熱を下げたり、咳や喉の炎症を抑制する薬を服用して症状を抑えるしか方法はありません。

 

確かにウイルスによる感染なので風邪を防止する手立てはないと思われるかもしれませんが、世の中には風邪をほとんど引かないという人もいるのも事実です。

 

例えばスポーツ選手などがその典型例です。スポーツ選手は練習を継続することも重要といわれていますが、それだけでなく体調管理の継続も徹底して実践しているのです。体調管理というのは毎日規則正しく同じ行動を繰り返すことが重要と言われており、例えばバットの素振り、ランニング、スクワットなど決まった時間に決まった量の練習を朝から晩までほぼ変わらない行動パターンを繰り返すことによって体調管理をキープできるのです。まさにこれこそ風邪を治す方法の真実と言っても過言ではありません。

 

体調管理についてはスポーツ選手だけでなく、音楽家、サラリーマンなどについても当てはまります。仕事で大きな成果を出すことができる人は体調管理の重要性を良く理解しているはずであり、だからこそ品質の高い仕事が可能になり、評価も高くなるのです。

 

体調管理を徹底的に実施することによって風邪を予防することができればここぞという大切な場面において風邪を引いて、最大限の実力が発揮できずに終わるという悲しい結果を迎えることも無くなるはずです。ですので人生の成功の秘訣とは、体調管理にあると言っても過言ではないのです。