風邪薬の副作用は危険です。薬を飲む前に一方踏みとどまるべき理由

風邪薬の副作用は危険です。薬を飲む前に一方踏みとどまるべき理由

質問

手っ取り早く風邪を治したいと思ったので薬局で風邪薬を飲んだのですが、飲んで30分くらい経過した時点で頭痛やめまいが酷くなったことがあります。これは副作用でしょうか?

 

回答

風邪薬というのは、市販の薬局で簡単に手に入る便利な世の中になりましたので風邪を治す方法の定番として知られています。その反面、副作用で悩む人も急増しているということを忘れてはなりません。風邪薬には解熱鎮痛剤、交感神経興奮剤などが含まれているため副作用が発症するということは念頭に置いておく必要があります。過去に風邪薬によって中毒症状、アレルギー事件、というのが実際には起きています。

 

特にアセトアミノフェンが含有されている場合はアルコールと一緒に服用すると重度の肝臓障害を発症させるリスクがあるということで問題になっています。

 

これは解熱鎮痛剤として利用されているのですが肝臓で分解される際に肝臓毒素が発生し、肝臓が分解しきれないことがあり、アルコール中毒症状を引き起こすことさえあります。日常でよくアルコールを飲む人は、風邪薬を飲む場合に注意をしましょう。