風邪の原因

風邪の原因

風邪とは風邪症候群のことであり、通常の風邪とインフルエンザに大別することができます。この風邪症候群の原因というのは身の周りに存在する最近やウイルスであり、私達の身体というのはこれらが体内に侵入することに備えて白血球等が防衛機能を果たしています。

 

その防衛活動をする際に、発熱物質や炎症を起こす物質を放出して、異物を排除しているのです。これらの一連のプロセスで、喉の痛み、鼻水、発熱などの症状が引き起こされています。これが風邪の症状の正体です。

 

何となく熱っぽい、鼻声になってきた、頭が痛いなどという症状に気付いて、もしかしたら風邪かもしれないと経験があるかと思います。風邪というのは、ウイルスが気道に付着して繁殖したところに炎症ができた症状を指します。つまり空気中に浮遊しているウイルスが鼻や口から人体に侵入して風邪を引き起こすのです。

 

ウイルスというのは単独で1匹存在したところでたいした強力な感染力というのはもっていませんが、数が増殖すると感染力が一気に強まります。ですので風邪を引いているひとと同じ空間でお喋りをしたり、くしゃみを掛けられたりすると感染するリスクが高まりますさらにウイルスは冬などの乾燥した季節で感染力を増大させるので、この季節に風邪をひきやすくなります。