市販の風邪薬と医者から処方された風邪薬の相違点

市販の風邪薬と医者から処方された風邪薬の相違点

風邪をひいてしまったという場合は、風邪を治す方法として、まずは風邪薬を利用しようと考える人が多いかと思います。ただ風邪薬と言っても、市販の薬局で購入するか、医療機関に行って診察を受けてから医者から処方してもらうという方法もあります。これについては人それぞれであるかと思いますが一体どのような違いがあるのかについてお話します。

 

まず医者の処方を受けた場合というのは、症状を診察した上で薬を出すということで、はじめは効果の弱めの薬から処方されるのが通常です。一方市販の薬局で購入する場合は、個人の症状に応じて薬を処方されるという形ではありませんので、もしかすると効果が弱すぎる、または強すぎるというリスクもあります。自分の症状を良く検討してから薬の使用を考えるようにしましょう。