風邪を引きやすい人の特徴とは?肥満と風邪の意外な関係を暴露

風邪を引きやすい人の特徴とは?肥満と風邪の意外な関係を暴露

質問

私は家族の中で一番太っています。しかも周りは皆元気なのに自分だけが風邪をひくということも頻繁にあります。太っている人は風邪をひきやすいということはありえますか?

 

回答

風邪を引きやすい人の特徴とは一体どんな人なのでしょうか?なかなか答えにくい質問かもしれませんね。実はある研究機関によって明らかにされたことなのですが、肥満と風邪というのは密接な関係があるということが判明しました。

 

かなり衝撃的なお話なのですが、ある国での就職の面接では、肥満の人を採用しないのだそうです。なぜなら肥満の人というのは自分自身をコントロールする能力の無い人であるという理由なのだそうです。

 

肥満の人というのは、食事のコントロールができなかったり、規則正しい生活を実施する能力が無かったりするわけですので、仕事をやらしたとしても、時間のコントロールができなかったり、仕事によるストレスのコントロールができなかったりして結局は仕事で大きな成果が期待できないという理由から採用されないのだそうです。

 

ですので、ストレスをコントロールできない肥満の人というのは、暴飲暴食をしたりして結果としてストレス太りをして、風邪を引きやすくなるのです。

 

近年は非常に便利な世の中になりました。お腹がすいたら、近所に行けば深夜まで営業しているレストランがあったり、コンビニエンスストアがありここでおやつを買ったり、スイ-ツを買ったり、弁当を買たりといつでも好きなだけ食べることができるようになってしまいました。

 

しかしこれが肥満の原因につながっているということは否定できません。自分自身の食欲をコントロールできないとすると、肥満につながってしまうのです。

 

毎日同じ生活パターンを繰り返すことがストレス対策として重要なことですので、食べる時間帯もきちんと決めておき、余計な間食をしないように自分をコントロールするという姿勢が大切です。確かに便利な世の中になったのですが、その代償は大きいということは否定できません。

 

たかが肥満といっても、これが風邪を引き起こしたり、就職活動で不利になったり、将来大病を招くきっかけになったりと、肥満というのは非常にリスクが大きいということを肝に銘じておいて下さい。