インフルエンザワクチンは効果が無いのに厚生省が製造し続ける理由

インフルエンザワクチンは効果が無いのに厚生省が製造し続ける理由

インフルエンザワクチンの効果は大きな期待できないという事実が判明したにもかかわらず、厚生省はインフルエンザワクチンの製造量を増やし続けているという事実を聞いてあなたはどう感じましたか?無駄なことはストップして、他の対策を使うことに専念して欲しいと思ったはずです。しかしどうしてもインフルエンザワクチンの製造を中止できない理由がありました。

 

それはメディアの影響力が原因ですインフルエンザというのはとても話のネタとして取り上げられやすい性質があり、どこかの地域でインフルエンザに感染したという話があると、一気に世界中に拡散されてみんなが大騒ぎしたりします。これは大震災などにも通することなのですが、大地震が起きたというニュースが出ると、大騒ぎになるということは今まで何度も
経験しているはずです。このような事件が勃発すると、国は対策を打っていませんとは口が裂けても言えないのです。

 

いつインフルエンザが大流行するかわからないからこそ、何らか対策を打っておかなければいけないので、とりあえず大きな効果が期待できないにしても、インフルエンザワクチンの製造は中止するわけにはいかないという結論に達してしまうのです。つまり、最悪の事態を想定して、一旦大流行が起こったとなると、事前に国は一応対策を打っているということを通知しておかなければ国民から叩きのめされてしまうので、製造を中止できずにいるのです。

 

確かに、「インフルエンザの予防接種を打っておきましょう」というキャッチコピーを目にすると、インフルエンザワクチンの実態を知らない人にとっては、なんとなく予防接種を受けておいたほうが安全だろうと思ってしまうのは無理もありません。しかし、インフルエンザワクチンを打ったとしても、ウイルスの感染を防げないですし、他人へ移すことも防げませんし、副作用で苦しんでいる人が背後にはたくさんいるという重大な事実を知らない人があまりにも多すぎるのです。

 

ですので、インフルエンザワクチンにはインフルエンザの感染や発症による健康被害のリスクを低下させ、社会活動への悪影響を減らす効果はある程度期待できるかもしれないですが、効果には限界があるという事および副作用のリスクがあるという事をしっかりと認識しておく必要があります。