インフルエンザワクチン効果無しは真実か?その真相を解明します。

インフルエンザワクチン効果無しは真実か?その真相を解明します。

あなたは「インフルエンザワクチンは効かないです」と言う発言を聞いたら一体どう思いますか?そんな馬鹿な話があるわけがない、でたらめだと耳を疑うと思います。義務教育を受けている学生や、新聞、メディア、雑誌などではいたるところでインフルエンザワクチンが推奨されているためおそらく殆どの方が、インフルエンザの予防接種は必要だと思っていると思います。

 

しかしよく注意を喚起して考えてみて欲しいのですが「インフルエンザワクチンの予防接種をしましょう」と書かれていますが、「インフルエンザワクチンは効果があるから予防接種をしましょう」とはどこにも書かれていないのです。ここだけの話ですが、インフルエンザワクチンは効果はあまり期待できないという前提の上で予防接種を受けさせられているという事実は盲点であったと思います。
ある研究機関でインフルエンザワクチンを推奨する立場にいる人たちでさえ、全く効果がないとまでは言えないけれど・・・という発言をしているくらいですので、これは紛れも無い事実なのです。なぜかというと、インフルエンザワクチン自体に問題があるのではなく、インフルエンザウイルスに対して効果的なワクチンを作りづらいという特殊な性質を持っていることが原因なのです。

 

ウイルスには、形を変えないウイルスと形を変えて強大化するケースの2種類があるのですが、インフルエンザウイルスの場合は、そのうちの後者つまり変異するというケースに該当するため、ワクチンを作るというのが非常に困難を極めているのです。しかも厄介なことに、人間だけではなく、多くの動物にも感染するという性質をもっているため、これに対抗するようなワクチンを作ろうとする試み自体に無理があるといっても過言ではありません。

 

かつて群馬県にてインフルエンザワクチンの集団予防接種をしている地域と、していない地域で効果に差があるかどうかをチェックした事もあったのですが、残念ながら、両者には差がないという事実が判明しました。しかもインフルエンザワクチンには非常に重大な欠点があります。

 

それは副作用があるという点です。実はインフルエンザワクチンによる副作用で被害を被った人たちが訴訟を起こして次々と勝訴をしたという判決が下された時期もありました。このような出来事があったことが背景となって、インフルエンザの予防接種は廃止されるかのように見えたのですが、実はまだ根強く残っているのです。

 

なぜなら、確かに小学生や中学生に対するインフルエンザの予防接種は効果が期待できなかったのですが、高齢者や病気持ちの個人に対しては効果が期待できるという理由が認められたからです。つまりインフルエンザワクチンは若年齢層から高年齢層にターゲットを移すという形で廃止されずに蘇ってしまったのです。

 

 

インフルエンザワクチン効果無しは真実か?その真相を解明します。記事一覧

インフルエンザワクチンは効果が無いのに厚生省が製造し続ける理由

インフルエンザワクチンの効果は大きな期待できないという事実が判明したにもかかわらず、厚生省はインフルエンザワクチンの製造量を増やし続けているという事実を聞いてあなたはどう感じましたか?無駄なことはストップして、他の対策を使うことに専念して欲しいと思ったはずです。しかしどうしてもインフルエンザワクチン...

≫続きを読む